• お料理との相性もぴったり。
    お食事に信州が誇る地酒の数々を
    ご提案いたします。

  • 日本酒・焼酎のご紹介

    安曇野は北アルプスからの清らかな湧き水と広大な穀倉地帯で育まれた美味しいお米の産地。その自然の恵みを使ったお酒の名産地です。『大雪渓』は創業明治31年の蔵元、大雪渓酒造の人気ブランド。蔵人たちが丹念に仕込んだ高品質の日本酒です。『醉園』は仕込み水の鮮烈なキレと酒米の旨みを生かした味わい重厚なお酒。EH酒造の力作です。ほのかでやさしい甘みがある『安曇野純米酒』は、宝暦8年創業の福源酒造が安曇野のお米「ひとごこち」を使って造った本格的な味わい。安曇野の大地の養分と太陽の光をしっかり受けついでいます。『真澄』は野菜料理や山菜料理、苦味のある魚などにも合い、辛口ながら柔らかさも兼ねそなえた味わい深いお酒。今や蔵元の宮坂酒造の看板商品になっています。『白馬錦』は薄井酒造のメインブランド。“女清水(おんなみず)”という里山の湧水と契約栽培米、杜氏のアイデアが三位一体となった飲み飽きないお酒です。また、近頃は焼酎も注目を集めています。『紅大将』は長野善光寺平発。喜久水酒造が千曲川エリアで栽培した芋「紅あずま」を熟成して造った新たな焼酎です。『木曽の蕎麦で造ったそば焼酎』は七笑酒造が木曽産のそば粉75%と米麹25%を使用して仕込み蒸留したすっきり辛口の焼酎。蔵元が3年前から熟成・貯蔵してやっと商品化されたもので、木曽の新しいスタンダードになりつつあります。


  • ワインのご紹介

    長野県はぶどう栽培に適した自然条件を備え、ワイン用ぶどうの生産量日本一を誇ります。良質なぶどうが持つ力を存分に引き出してワインづくりを行うワイナリーも数多く存在し、内外のワインジャーナリストや専門家が審査を務める「国産ワインコンクール」では、長野県産ワインや、長野県産のぶどうを使ったワインが毎年入賞。特に安曇野は昼間と夜の気温差が大きく、晴れの日が多く乾燥しているという、恵まれた気候風土を利用した最適なぶどうが栽培できる地域です。おいしいワインは良質なぶどうをつくることから始まります。レストランには、皆様にぜひお試しいただきたいワインを各種取り揃えております。ぜひ、ご用命ください。


宿泊予約