いつまでもかわらずにあってほしい桜のこと・・・

今年の桜は、暖かな日が続いたこともあり開花の時期が例年よりも早まりましたね。
毎年毎年、山頂からの景色をこころに刻み込むために、その日も満開になる日を待って行ってきました。
昨年までは、かろうじて少しばかりの綺麗な色で化粧していたその枝に、
今年は花が咲かないのです。

DSC_0006

数年前から少しずつ、桜色の衣がはがれていくのを、悲しい気持ちが入り混じった、
そんな複雑な思いで見つめていたのです。
ソメイヨシノは、自身で子孫をふやせない桜なのです。
光城山の山道には、年老いた桜の大木の側に、苗木を植樹している所をたくさん見ることができるのです。
年老いた木々をこれからも大切にたいせつにしながら、そしてこれからずっと先まで、
この美しい桜並木を守っていけるように、そのような行いに参加してゆければと感じた一日でした。

DSC_0009

光城山は冬に積雪があり、雪山低山用の装備を準備する必要がありますが、
年間を通して登ることが出来る山なのです。
これからは桜と入れ替わって、山吹や躑躅が美しく咲きそろいます。
いつかぜひ、訪れてみてほしいところなのです。

光城山・長峰山ホームページ
http://www.city.azumino.nagano.jp/soshiki/32/10253.html