水鏡のこと・・・

田んぼに水を張る、薫風香る美しい季節になりましたね。
風が凪いで静かな水面を保つ束の間に、白雪を頂いた山々が映りこむ
その風景をさがしに田圃道を歩いてみました。
ここは北安曇郡池田町の山裾にあり、風景画家の山下大五郎氏の愛した場所なのです。
正午近くの白が掛かり始めた青空に、くっきり線を引く後立山連峰の稜線の美しさに見惚れながら、
縦走した記憶を思いおこしたりしているひと時を、本当に幸せに感じるのです。
これから稲を植え、日に日に少しずつ成長する苗を、大切に管理される農家の方々にも、
感謝の気持ちをずっと持ち続けていきたいと思っているのです。

北アルプス展望美術館(池田町立美術館)では山下大五郎氏の安曇野の原風景の絵画が常設展示されており、
その敷地内からは、安曇野の景色と壮大なアルプスの山々が望めるのです。
http://azumino-artline.net/old/ikeda/2010/07/post_80.php

今年も上高地の開山祭に行ってきました。
昼前から天候が崩れて横殴りの雪が降る、そんな中での式典となりましたが、
自然の厳しさを改めて感じる一日になりました。
写真にある梓川の流れも、毎年大きく変わっているように感じます。
深刻化する上高地の河床上昇の問題等も含めて、
この日は、そのような自然界のいろんなことを考える貴重な一日になりました。